即日融資が利用できる消費者金融のメリットとデメリット

消費者金融を利用する最大のメリットといえば、即日融資です。
申込みをすればすぐに審査が行われ、即日中に融資をしてくれるので、すぐにお金が欲しい時にとても便利です。
しかも消費者金融では審査のスピードが、他の金融機関と比較できないほど早く終了します。
今すぐお金を借りるなら!【KEN直伝】即日融資OKな消費者金融人気ランキング!!
大手消費者金融のアコムやプロミスの場合、インターネットやアプリを利用して即日融資を申し込むことができますし、審査時間が最短30分となっていますから、急いでいるときはとてもありがたいですね。
消費者金融で即日融資を受ける場合は、午後2時くらいに申し込みが必要になるのですが、もし午後2時を過ぎてしまった場合でも、審査さえ通過しておけば翌日には融資を受けることが可能です。
キャッシングカードを発行してもらえば、銀行やコンビニのATMでお金を借りたり、返したりすることができます。
また、消費者金融の場合、初めて消費者金融を利用するときに最初の1カ月は金利がかからないサービスも展開しているので、初めて消費者金融を利用する人にはありがたいサービスですね。
ただ、そのスピードの反面、消費者金融の即日融資は金利が高いので、借金の額が多くなってしまうというデメリットがあります。
大口融資となると金利負担も重くなりますので、即日融資で大口融資を利用するのはとてもリスクがあるということを理解しておきましょう。
また、コンビ二のATMで引き落とせると、借金をしているという感覚が失われてしまう危険性もあります。
実際に今多重債務で悩んでいる人の多くは消費者金融で気軽に借金をしてしまった人が多く、気が付いた時には借金の額が膨大過ぎて、首が回らないという事態を引き起こしかねないのです。
消費者金融は貸金業法で定められている総量規制の対象となっています。
総量規制とは何かというと、年収の三分の一までしか借金ができないという法律です。
この年収三分の一というのは借金総額で三分の一であり、年収300万円の人が消費者金融Aで50万円の借金をしているとすれば、消費者金融Bで50万円までしか借金ができないというルールなのです。
消費者金融への借金は簡単にできる反面、デメリットも当然のことながら多いと思われます。
消費者金融を利用するなら、まず今すぐにお金が必要で、すぐに返済できる目途が立っている金額のみを借りるようにしましょう。
そうすることで多重債務者になってしまうリスクも同時に減らすことができますよ。
消費者金融も使い方次第で便利に使用できますから、借金は計画性も持っておこないましょう。