ローンによってあるか無いかは違ってくる

カードローンの在籍確認は利息が低く設定されている銀行系のローンや、上限額が数百万円以上のカードローンに加入する際などにありますが、派遣社員でも在籍確認される例があります。

その一例としてまず多いのが年収制限のカードローンに加入した時です。
派遣社員というと正社員よりも収入が低いと考えられがちですが、専門的なスキルを持っている派遣場合には、正社員以上の稼ぎがあることも多くそうした派遣社員の方が収入が高い方が入れるカードローンに加入すると、例外なく審査があります。
所得証明の審査と在籍確認を行ってから手続きを進めることとなりますから、カードローンに加入したい方で派遣の方は条件によっては在籍確認があることを覚悟しましょう。
在籍確認の方法はカードローンの会社の審査担当者が個人名を名乗りさり気なく在籍しているかどうかを聞いてきます。
突っ込まれた質問があった場合には、うまく対応してくれますから安心です。
カードローンで通常の上限額のローンなら在籍確認はありませんが、カードローンの上位のローンに加入するときには、派遣先に対して在籍確認の連絡が行く場合がありますから、カードローン利用時にはそれを知っておくことにしましょう。